EVOLUTION以降の H-D only メンテナンス&チューニングショップ

オーソドックスなカム交換。

オーソドックスなカム交換8IMG_1562.jpg

 

頻繁に取り付けるようになった。

RED SHHIFT

ディアルカムテンショーナー

AXTELL

オイルバイパスバルブ

 

 

 

 

オーソドックスなカム交換1IMG_2299.jpgオーソドックスなカム交換2image8.jpg 

     

    上の画像は、プライマリー側テンショナー交換画像。

 

 

オーソドックスなカム交換6image6.jpg  

フィーリング製のオイルポンプを付ける予定でしたが、この車両もクランクの振れが大きい。。。

精度の高いフィーリング製オイルポンプは、クランクの振れ幅が大きいと破損してしまうので元も子もありません。

取り付けるには、振れ幅が 0.0025"以下であることが条件です。

この子は、0.004" なので取り付け不可。

 

STOCKのクランクは、どの車両も全体的に振れ幅が大きく、付けれる車両は3台測って1台位です。

 

 

  

オーソドックスなカム交換4image1.jpgオーソドックスなカム交換3image5.jpg

 

    こちら ↑ はセカンダリー側テンショナー交換画像。

    それと、カムはSTOCKからアンドリュース26への交換です。

    撮影角度が違うので分かりにくいかもしれませんが、山の違いが分かるかと思います。

 

 

オーソドックスなカム交換5image3.jpgこの画像は、オイルポンプのリリーフバルブ

上がSTOCKで、下がアクステルです。

この商品が出るまでは、スプリングのバネレートを上げたりプランジャーの形状違いを使用していましたが、今はアクステルを使用しています。

最大の特徴は、規定圧以上のオイルがポンプに戻らずカバー内に戻ることと、穴とプランジャーの精度が非常に高いことです。

 

ドラマ『下町ロケット』をご覧の方はバルブの大切さがお分かりだと思います。 (^^)v

 

 

 

 

オーソドックスなカム交換7 グラフFXDL.jpg 上は、DynoJetで測った'11 FXDL 96 のグラフです。

 

この車両は、他店でTBCを取り付けたもののアイドリングが安定しなかった為、常用の回転域での乗りにくさを改善されたいという調整の御依頼でした。

カム交換という選択は、本来の排気量に対しての充填効率を向上させるためのものです。

エンジンの乗り味を考えた場合、通常弊社ではコンピューターとエアクリーナーの交換をして、お客様が希望するマフラーで調整する事が初めに行う事です。

この作業で、十分お客様が思われていたハーレーらしさが戻ります。

さらに、もう少しと言われる方はカム交換という順番です。(通常使用であれば排気量は、十分ですから。)

 

  緑 参考ノーマル車両

  青 他店設定TBC+S&S.AC+KRW3.EX

  赤 弊社設定TBC+26カム+S&S.AC+KRW3.EX

 

 

 

 

   

コメントする

zippers01.png lthundermax001.png instagram_logo_h.jpg
〒359-0034
埼玉県所沢市東新井町297-4
TEL 04-2994-2975
FAX 04-2994-2974
--------------
埼玉県公安委員会許可
 第431090017274号
 オートバイ商 奥川 潔
--------------