EVOLUTION以降の H-D only メンテナンス&チューニングショップ

ピカイチの注目度

DSC05545.JPG
いつも通りの一枚目。
創刊から20年のHOTBIKE JAPAN
ふと読み返すと当時のカスタムシーンが手に取る様に解ります。

今日のBLOGでは110のFLHXSEが主役ですよ〜(^^)/
110=1800cc
市販されているハーレーに搭載されるエンジンの中で最大の排気量。
IMG_0001.JPG
K山さん!やっと載せましたです!(^^)v

ギャラリー用の写真を撮らせて頂いたので。。。その流れで110のグラフ&簡単な解説を入れて行きましょ〜

このモデルは電子スロットル車ですから乗っていると低速でのスロットルレスポンスのダルさ、ツキの悪さが目立ちます。
それは96も103も110でも同じですね(ToT)
Thunder Max TBWと排気系(110はヘッドパイプ含む)の交換でトルクとスロットルレスポンスの向上を図ります。
スクリーミンイーグルのハイフローのみ装着したALL STOCK車と、Thunder Max TBWにヘッドパイプ はV&H パワーデュアル、マフラー はクロームワークス3,5"スリップオン加工で調整した比較グラフはこんな感じです
DYNO_GRAPH_110FLHXSE.jpg

青線 : STOCK POWER  71.86PS
         STOCK TORQUE  12.08kg

赤線 : TUNED POWER  89.45PS    
         TUNED TORQUE  14.38kg



STOCKもそれほど目立った谷はありませんが、ECMとキャタライザーを外してフルエキでのマフラー交換車で調整すると違いは一目瞭然。。。
もちろん使うヘッドパイプ等でカーブは違って来ますので、独立管でのグラフはまた後日(^^)

と、ここまでで110の本来の出力データを一つ見て頂きましたが。。。
ここからさらにステップアップ!
110の車両には最初からスクリーミンイーグルの255カムが入っていて、このカムによって重量車を低回転から押し出してくれる乗り味になっていたんですね〜。

そうなんです。

カム交換させて頂きました!
まずは気になるグラフどうぞっ!
110CVO.jpg
青線 : TBW・排気交換
   POWER 88.41PS
   TORQUE 14.18kg

赤線 : カム交換後
   POWER 98.48PS 
          TORQUE 13.88kg

今回使用したカムはREDSHIFT 575
ほぼ全域での出力の向上、特にオーナーさんが望まれていた上側での伸びは顕著に解りますね
僕も写真を撮るのにちょっとだけ乗らせて頂いたのですが。。。
低速でのツキの良さ、開け始めからグイグイ押し出してくれるエンジン、低回転で巡航出来る気持ち良さ、心地良いドロドロした排気音。。。
いやー。。。良いっ!
とここら辺で最後の一枚どうぞっ!
IMG_flhxse10.JPG
心地良い排気音はパワーデュアルのおかげ

そうそう、なぜタイトルが「ピカイチの注目度」かと言うとですね、航空公園で撮っていたら通る人がほぼ全員立ち止まり、さらに話しかけてくるのです!
さすが110。。。プルプルしながら航空公園の中央広場まで押した甲斐がありました(笑)


ギャラリーも更新していますので良かったらどうぞです
スポーツもどうぞ
zippers01.png lthundermax001.png instagram_logo_h.jpg
〒359-0034
埼玉県所沢市東新井町297-4
TEL 04-2994-2975
FAX 04-2994-2974
--------------
埼玉県公安委員会許可
 第431090017274号
 オートバイ商 奥川 潔
--------------